2005年08月19日

セレブ犬Bella&Shannon

1908 006.jpg
Bella(左)&Shannon(右)カメラ目線目上手でしょ?

以前働いていた会社のBoss、K夫妻の愛犬ベラシャノン(シェルティー)です。一見パピィ顔のシャノンちゃんですが、実はもう10歳を超えてます。ベラりんは更に年上なので、推定14歳くらいでしょうか。
このたびオーナー夫妻が8週間のホリデー飛行機に出かけている間、ベラとシャノンのお世話をすることになりました。

いつも来ているクリーナーさんがハウス・シッターとして滞在しているので、ご飯はクリーナーさんがあげるのですが、クリーナーさん実は犬があまり好きじゃないらしいたらーっ(汗) かれこれ5年以上毎週お掃除に来ているのだが、彼女が犬を撫でたところを見たことがないがく〜(落胆した顔)とか。というわけで、元従業員の友人Hと私でベラりんとシャノりんのお散歩&遊び相手をすることになったのであります。

オージーがホリデーリゾートに出かける時、多くの人は2週間〜8週間くらいの長期に渡って留守にするので、ペットを飼っている人はKennel(犬)やCattery猫)と呼ばれるいわゆるホテルのようなものに預けたり、親戚・友人に預けたり、ハウス・シッターを頼んで家・犬・植木いっさいがっさい一緒に面倒みてもらったりします。
ボスもはじめはお母さんにお願いしたらしいのだけど、お母さんがNoといったので、友人Sがいつもコフーナとウーピーを預けている、ここらでは良いと評判のKennelはどうかと勧めてみたのだが、ベラとシャノンはいつも推定4億ドルの豪邸で暮らしているセレブ犬でしかも2頭とも高齢のため、室内とはいえ寒々したケンネルで知らない人に世話させるのは「きっと私に捨てられたと思うにちがいないわもうやだ〜(悲しい顔)」とボスも耐え難いとあっさり却下バッド(下向き矢印)
日本のような室内の暖かいベットで、ドッグ・マッサージをしてくれたりというような至れり尽くせりぴかぴか(新しい)のサービスのペットホテルがあれば良いのですが、残念ながらここオーストラリアでは犬はあくまでも犬!というような扱いをするようなケンネルが殆ど。でも、値段は1日10ドルくらいと安いですがね。
結局クリーナーさん+わたしたちで面倒をみるということになり、ベラとシャノンも住み慣れた家お家でボスの帰りを待つことになってほっとしたかな?

1908 005.jpg
犬ベラりんっていうの?ヨロシク手(チョキ)

ニックネーム kiamum at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Dog's life@Perth | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kiamumは写真撮るのうまいね〜。
どの写真もすっごくステキ☆で見てて楽しかったよん♪
愛情がこもっているんだね、きっと。
kiaはマフィン食べるの???
同じものを食べるなんてかわいいね〜。
みんなで散歩行ったりしてパースでの生活、ゆっくり楽しんでいるみたいで安心したよ。
また遊びに来るね。
Posted by もっち at 2005年08月19日 22:13
★もっち
キアはカメラ目線が下手なので、実は写真をとるのは一苦労なのよ。
甘いものや人間の食べ物あげるのはホントは良くないのだけど、たまにはご褒美ということでね。
Posted by kiamum at 2005年08月21日 17:46
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/47120
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック